東急ベルTOP > 各種規約一覧 > 東急ベル「空き家巡回サービス」利用規約

東急ベル「空き家巡回サービス」利用規約

この規約(以下「本規約」といいます。)は、東急株式会社(以下「当社」といいます。)の運営するホーム・コンビニエンスサービス「東急ベル」(以下「東急ベル」といいます。)が提供するサービスのうち、空き家巡回サービス(以下「当サービス」といいます。)の利用に関する規約です。

第1条(東急ベル会員規約)
  1. 本規約は当社が定める東急ベル会員規約に付随する規約です。本規約に定めの無い事項については、東急ベル会員規約に定めるとおりとします。
  2. 本規約と東急ベル会員規約が矛盾抵触する場合は、本規約が優先するものとします。
第2条(申込み)
  1. 当サービスの利用を希望する東急ベルの会員(東急ベルの既存会員以外のお客様を含み、以下「会員」と言います。なお、既存会員以外のお客様は当サービスを利用いただいた場合、東急ベル会員規約の定めにより自動的に東急ベルの会員になります。)は、本規約に同意の上、電話または電子メールにより東急ベルカスタマーセンターに当サービスの利用を仮申込みするものとします。
  2. 前項の仮申込みの後、当サービスを提供する空き家(以下「本物件」といいます。)において、会員と当社のベルキャスト(当サービスを提供するスタッフのことをいい、以下「ベルキャスト」といいます。)とは現地立会いによる現況確認を実施します。
  3. 前項の現況確認が完了し、会員が署名した当社所定の「東急ベル 空き家巡回サービス申込書」(以下「申込書」と言います。)および「現地立会い確認書」を当社が受領した時に、当該申込書の内容にもとづく当サービスの利用契約(以下「本契約」といいます。)が会員と当社との間で成立するものとします。
第3条(サービスの提供)
  1. 当サービスの提供エリアは、東急ベルウェブ上に開示されている範囲とします。
  2. 当社は、申込書において選択されたサービスプラン、オプションサービスにもとづく業務(以下「本業務」といいます。)を申込書に定めた本物件に対して実施します。本業務は、当社のベルキャストが行います。
  3. 基本プランにお申込の場合は本業務の実施にあたり、ベルキャストは本物件の水道・電気を使用させていただきます。その使用料は会員にご負担いただきます。
  4. 本業務開始時までに、会員は、本物件について以下の各号の事項を実施していただきます。
    • ①現地立会いによる現況確認
    • ②現金・宝石・貴金属・書画・骨董品・その他資産価値がある物品または重要書類等の不存在の確認
    • ③清掃および通水に必要な電気・水道の開栓(標準プランの申込みの場合)
    • ④清掃・荷物整理
    • ⑤冷蔵・冷凍庫の中身の処分
    • ⑥郵便物の転送届提出
    • ⑦屋根・テレビアンテナ・その他取付物の事前の点検・補修
    • ⑧給湯器の水抜き(凍結による破損防止のため)
    • ⑨浄化槽の清掃(利用している場合のみ)
    • ⑩管理組合への必要な届け出(マンションのみ)
    • ⑪その他、現地立会い時に会員、当社間で定めた事項
  5. 標準プランを申込まれる場合は、会員は当社に本物件の鍵を預けていただきます。その際、当社は会員に鍵の「預り証」を発行し、お預かりした鍵を管理いたします。
第4条(利用料金の支払い)
  1. 会員は、当月に利用した当サービスの利用料金および消費税等の合計額を、申込書に定める支払い方法にて当社にお支払いいただくものとします。なお、消費税等については、将来消費税法および地方税法、その他これらに類する法律の制定および改定等により税率が変動した場合には、その定めに従い増減するものとします。
  2. 会員は、当サービスの利用料金のほか、サービス内容により、ベルキャストが本業務を行うために必要となる車両の駐車場利用料金をご負担いただく場合があります。この場合、当社が別途定める支払い方法にて当社にお支払いいただくものとします。
第5条(容認事項)
  1. 当社は本物件の維持管理のために、本業務以外の塗装、排水管等の清掃、庭木剪定等の業務が必要と判断した場合、当社または当該業務が実施可能な当社の加盟店等のサービスを会員に案内します。
  2. 当社は、本契約における当社の業務の全部または一部を第三者に委託することがあり、会員はそれを承諾しているものとします。
  3. 本業務の遂行において代理権の付与が必要になった場合、会員は当社に対して必要な代理権を付与していただくものとし、当社の要求があるときは、会員は委任状の交付その他代理権等を証明するに必要な措置をとっていただきます。
  4. 本契約は、仕事の完成を目的とした請負契約ではなく、仕事の成否を問わず会員の目的に沿って当社の技術・知識・経験等に基づき自らの裁量で作業を行う準委任契約となります。従いまして、当社は、善良なる管理者の注意をもって会員のご要望に沿うように誠実に当サービスを行いますが、当サービスの結果は会員のご要望どおりにならない場合があることを、会員は承諾しているものとします。
  5. 当社の判断により、当サービスの内容の全部または一部は変更され、または廃止されることがあります。当サービスの変更または廃止によって会員に生じた損害については、当社は一切責任を負わないものとします。但し、当該損害が当社の故意または重過失により発生した場合は除きます。
第6条(契約期間および期間内解約)
  1. 本契約の契約期間は、最短で3か月間とし、詳細については、申込書に定める期間とします。
  2. 会員は、第4項による延長前の本契約の契約期間内は、本契約を中途解約できないものとします。ただし、やむを得ない事由がある場合は、本契約の契約期間内であっても、会員は3か月の予告期間をもって当社に対して本契約の解約を申し入れることができ、この場合予告期間の満了と同時に本契約は終了します。
  3. 前項の解約予告に代えて、会員は3か月分の当サービスの利用料金等相当額を当社に支払うことにより、即時に本契約を解約できるものとします。
  4. 契約期間満了の1か月前までに、会員および当社のいずれからも相手方に対して何らの意思表示がない場合は、本契約の契約期間は更に1か年延長されるものとし、以後この例によります。
  5. 前項による更新後は、契約期間内であっても会員は、1か月の予告期間をもって当社に対して本契約の解約を申し入れることができ、この場合予告期間の満了と同時に本契約は終了します。
  6. 前項の解約予告に代えて、会員は1か月分の当サービスの利用料金等相当額を当社に支 払うことにより、即時に本契約を解約できるものとします。
  7. 会員および当社は、相手方に対し、立替金、預り金およびその他の本契約にもとづく債権債務がある場合は、それらの精算を本契約終了時までに行うものとします。
第7条(サービスの中止、解除)
  1. 会員が以下の各号に該当した場合は、当社は直ちに当サービスを中止し、本契約を解除いたします。
    • ①本規約をお守りいただけない場合
    • ②ベルキャスト、またはその他当社の従業員等への暴行、セクシャルハラスメント、脅迫、恫喝、威嚇等、もしくはこれらの者の名誉・身体等を傷つける言動または行為があった場合
    • ③当サービスの利用料金等のお支払を1回でも怠った場合
    • ④会員が、暴力団、暴力団員、暴力団関係者または暴力団関係団体、その他の反社会的勢力であると判明した場合
    • ⑤仮差押、仮処分、強制執行、破産、再生手続き、会社更生、もしくは解散の手続きがなされた場合
    • ⑥死亡または後見開始、保佐開始、補助開始の審判を受けた場合
    • ⑦当社が会員に対して報告する本物件の維持管理に必要な措置が実施されない場合
    • ⑧その他、当社が本サービスを実行できないと客観的かつ合理的に判断するに足る事情が生じた場合
  2. 本契約解除時に会員または当社は、相手方に支払うべき金員があれば直ちに精算するものとします。
第8条(損害賠償)
  1. 本業務の実施時に当社の過失によって会員が損害を被った場合、当社は現実かつ直接的に生じた通常損害の範囲で、当社が加入する賠償責任保険に基づいて保険会社から受け取った保険金額を限度として損害賠償責任を負います。但し、当社の故意または重大な過失によって、会員が損害を被った場合は、当該損害賠償範囲の限定は適用しないものとします。
  2. 以下の各号による会員の損害については、当社は責任を負わないものとします。但し、当該損害が当社の故意または重過失により発生した場合は除きます。
    • ①天変地異、その他の自然災害、法令の制定改廃、公権力の行使、通信の断絶、第三者の行為、その他の不可抗力に起因する損害
    • ②本業務が一般的に適切かつ相当と認められる手段と方法で行われていたとき
    • ③空き巣・盗難による損害
    • ④本業務実施時に生じた本物件に対する軽微な傷による損害
    • ⑤火災・爆発等の事故の発生による損害
    • ⑥建物設備の故障および突発事故による損害、ならびに本物件の損耗
    • ⑦会員の指示に基づき当社が行った行為に起因する損害
    • ⑧当社が会員に対し改善を求めたにも関わらず改善されなかったことに起因する損害
    • ⑨申込書記載の連絡先または緊急連絡先に当社が電話連絡しても連絡がとれなかったことに起因する損害
    • ⑩その他予見できなかった事由および当社の責に帰することができない事由による損害
第9条(保険の付保)
  1. 会員は本物件に「一般物件」(店舗や事務所、病院、旅館等の建物や、住宅の一部を店舗や事務所、あるいは作業場として使っている建物およびそれらの中にある家財、商品、什器備品、原材料等)を補償対象とした時価相当額の火災保険を会員の負担で付保し、万一火災等の事故があった場合は、その損害は保険金により補填し、保険金により補填できない損害は、会員の負担とします。
  2. 会員は、保険の付保手続き終了後および更新後、加入保険証書の写しを当社に提出するものとします。
第10条(個人情報の取り扱い)

会員が本契約に関して当社に提供した個人情報の取り扱いは、当社が定める東急ベル個人情報取扱規約に定めるとおりとします。

第11条(その他)

会員は、申込書の記載事項に変更があった場合は直ちに東急ベルカスタマーセンターに報告するものとします。

第12条(規約の改定)
  1. 本規約は、民法第548条の2第1項に定める定型約款に該当し、当社は以下の各号の場合に、当社の裁量により本規約を変更することがあります。
    • ①本規約の変更が、会員の一般の利益に適合するとき
    • ②本規約の変更が、本規約の目的に反せず、かつ変更の必要性、変更後の内容の相当性、その他変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき。
  2. 前項により、当社が本規約を変更する場合、本規約を変更する旨および本規約の変更内容ならびにその効力発生日について、効力発生日の1か月前までに、東急ベルのインターネットウェブサイトである「東急ベルウェブ」に掲示します。
  3. 変更後の本規約の効力発生日以降に、会員が当サービスを利用したときは、当該会員は本規約の変更に同意したものとみなします。

以上
平成27年9月1日制定
令和元年9月2日改定
令和2年4月1日改定