サービス一覧

お問合せ・お見積り

お客様のお困りごとにあわせて
丁寧に対応いたします

東急ベル「ハウスクリーニング」利用規約

この規約(以下「本規約」といいます。)は、東急株式会社(以下「当社」といいます。)の運営するホーム・コンビニエンスサービス「東急ベル」(以下「東急ベル」といいます。)が提供するサービスのうち、ハウスクリーニングサービス(以下「サービス」といいます。)を会員が利用するにあたり、その一切に適用する事項を定めるものとします。

第1条(東急ベル会員規約)

1

本規約は当社が定める東急ベル会員規約に付随する規約です。本規約に定めの無い事項については、東急ベル会員規約に定めるとおりとします。

2

本規約と東急ベル会員規約が明らかに矛盾抵触する場合は、本規約が優先するものとします。

第2条(サービスの予約、キャンセル料)

1

サービスの利用を希望する会員は、本規約に同意の上、東急ベルカスタマーセンターにサービスの利用を申し込みます。

2

サービス予定日については、会員が、申込日の4営業日以後の希望日を3日分指定し、当社が希望日の中からサービス予定日を決定します。なお、予約状況により、希望日にサービス予定日を決定できない場合には、改めて会員に希望日を3日分指定していただきます。

3

サービスの日時変更については、サービス予定日の前2営業日までであれば東急ベルカスタマーセンターに申し出ることによって無償で変更することが可能です。なお、サービス予定日の前2営業日を経過した後の日時変更で日程の調整がつかない場合は、会員はキャンセル料としてサービス予定金額の50%を当社にお支払いいただきます。

4

キャンセルについては、サービス予定日の前2営業日までであれば東急ベルカスタマーセンターに申し出ることによって無償でキャンセルすることが可能です。サービス予定日の前2営業日を経過した後のキャンセルの場合は、会員はキャンセル料としてサービス予定金額の50%を当社にお支払いいただきます。

5

サービスの日時変更については、サービス予定日の前2営業日までであれば東急ベルカスタマーセンターに申し出ることによって無償で変更することが可能です。なお、サービス予定日の前2営業日を経過した後の日時変更で日程の調整がつかない場合は、会員はキャンセル料としてサービス予定金額の50%を当社にお支払いいただきます。

第3条(サービス提供)

1

会員へのサービス提供は、東急ベルのスタッフ(以下「ベルキャスト」といいます。)が行います。

2

サービスの実施にあたり、ベルキャストは会員の水道・電気・ガスを使用させていただきます。その使用料は会員にご負担いただきます。

3

サービス実施時までに、会員は貴重品(現金・有価証券・貴金属・美術品・高価品・希少価値のあるもの等)を片付け、ベルキャストが触れることのないように会員にて厳重に管理してください。

4

以下の各号に定める、やむをえず前項の保管ができない貴重品や、その他取り扱いに注意を要するものについては、会員はサービス提供の事前にベルキャストまでお知らせするものとします。

①骨董品、絵画、置物、美術品等

②破損・故障のおそれのある物または既に破損・故障しているもの

③接触に注意を要するもの(例:稼動中の電化製品)

④その他取り扱いに注意を要するもの

5

当社は、サービスの全部または一部を第三者に委託することがあり、会員はそれを承諾しているものとします。

第4条(利用料金の支払い)

1

会員は、サービスの利用料金合計額を、当社が予め定める支払い方法にて当社にお支払いいただくものとします。

2

会員は、サービス利用料金のほか、サービス内容によりベルキャストの駐車場代金を当社にお支払いいただく場合があります。

第5条(サービス内容)

1

サービスの実施は、当社のベルキャストが会員からお申し込み頂きましたサービス内容、サービス提供目安時間に従って行います。

2

会員は、以下の各号を承諾しているものとします。

①サービス提供予定個所の汚れの状態によっては、汚れが完全に落ち切らない場合があります。

②サービス提供予定個所の状態、汚れの状態によっては、サービス時間がサービス提供目安時間から短縮される場合があります。

③サービス提供予定個所の状態、汚れの状態によっては、サービス提供範囲、内容が異なる場合があります。

④サービス提供目安時間を超えての作業は原則行いません。

3

サービス実施前に、会員はベルキャストとサービス箇所の状況確認・サービス実施予定内容の確認を必ず行うものとします。サービス開始後のサービス箇所の相違などのお申し出については、当社およびベルキャストはお受け致しかねます。

4

サービス開始後に、事前に想定した状況と異なることが発生、発覚した場合は、ベルキャストは、会員にご相談の上、作業予定内容を変更させていただく場合があります。

5

サービス実施にあたり、当社およびベルキャストは会員のご要望に沿うよう努力いたしますが、以下の各号のご要望にはお応えすることができません。

①高所での作業や危険を伴う作業

②専門資格の必要な作業

③車の運転

④医療行為

⑤法令に違反する行為

⑥公序良俗に反する行為

6

サービスの実施により出たゴミ・廃棄物等は会員にて処分していただきます。

第6条(サービス結果確認・作業のやり直し)

1

当社は、ベルキャストに対し、サービス提供の内容等を記録させ、会員の確認を受けるものとします。サービス終了後、会員は、直ちに、サービス箇所の状況の確認およびサービス実施結果の確認を必ず行うものとします。サービス実施前に確認した内容との相違や不備などがございましたら、その際にお申し付けください。

2

前項の会員によるサービス箇所およびサービス実施結果の確認後、会員は、ベルキャストが作成する「サービス完了確認書」をご確認の上、所定の欄にご署名するものとします。 「サービス完了確認書」へ会員がご署名されたことをもって、サービスが完了したものとします。

3

万一、サービス実施前に確認したサービス内容が実施されていないことが認められる、もしくは作業の不備が明らかな場合には、当社は、当該サービス箇所のサービスのやり直しまたはサービス利用料金の返還を行います。但し、サービス終了後の確認時のお申し出に限らせていただくものとし、「サービス完了確認書」へ会員がご署名された以後のお申し出は受けかねます。「サービス完了確認書」へ会員がご署名されたことをもって、サービスが完了したものとします。

第7条(サービスの中止)

会員が以下の各号に該当した場合は、当社は直ちにサービスを中止いたします。

①本規約をお守りいただけない場合。

②ベルキャスト、または、その他当社の従業員等への暴行、セクシャルハラスメント、脅迫、恫喝、威嚇等、もしくはこれらの者の名誉・身体等を傷つける言動または行為があった場合。

③会員が、暴力団、暴力団員、暴力団関係者または暴力団関係団体、その他の反社会的勢力であると判明した場合。

④その他、サービスの提供が不可能、または不適切であると当社が客観的かつ合理的に判断した場合。

第8条(損害賠償)

1

当社の過失によって、会員が損害を被った場合、当社は、現実かつ直接的に生じた通常損害の範囲で、サービス利用料金を上限として損害賠償責任を負います。但し、当社の故意または重大な過失によって、会員が損害を被った場合は、当該損害賠償範囲の限定および損害賠償額の上限は適用しないものとします。

2

天災地変、法令の制定改廃、公権力の行使、交通機関の事故、通信の途絶、第三者の行為、その他やむを得ない事情等、当社の責めに帰さない事由から会員が被った損害、および会員自身の故意または過失から生じた損害については、当社は責任を負わないものとします。

3

会員がサービスを利用したことから生じた会員の損害、および原因の如何を問わず当社がサービスを提供できなかったことから生じた会員の損害については、当社は責任を負わないものとします。但し、当該損害が当社の故意または重過失により発生した場合は除きます。

第9条(個人情報の取り扱い)

会員が当社に提供した個人情報の取り扱いは、当社が定める東急ベル個人情報取扱規約に定めるとおりとします。

第10条(管轄裁判所)

会員と当社との間で紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とすることを会員および当社は予め合意します。

第11条(その他)

1

当社は、会員のご要望に沿うように誠実にサービスを行いますが、サービスの結果は会員のご要望どおりにならない場合があることを、会員は承諾しているものとします。

2

本規約は、民法第548条の2第1項に定める定型約款に該当し、当社は以下の各号の場合に、当社の裁量により本規約を変更することがあります。

①本規約の変更が、会員の一般の利益に適合するとき

②本規約の変更が、本規約の目的に反せず、かつ変更の必要性、変更後の内容の相当性、その他変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき。

3

前項により、当社が本規約を変更する場合、本規約を変更する旨および本規約の変更内容ならびにその効力発生日について、効力発生日の1か月前までに、東急ベルのインターネットウェブサイトである「東急ベルウェブ」に掲示します。

4

変更後の本規約の効力発生日以降に、会員がサービスを利用したときは、当該会員は本規約の変更に同意したものとみなします。

以上

平成24年10月22日制定

平成28年5月9日改定

令和元年9月2日改定

令和2年4月1日改定